瘋癲老人日記

A river runs through it.

港の空の色は、空きチャンネルに合わせたTVの色だった

サイバーパンク小説「ニューロマンサー」の冒頭部分です。この一文に衝撃を受けて、一気に読んでしまいましたが、いまどきの若い人は、「テレビの空きチャンネル」という言葉自体ピンとこないんじゃないかと最近気がついたのでした。